自動車、バイクのお得情報

カスタムバイクは、場合によって車検に通らない場合があります。カスタマイズの仕方にもよりますが、自分の好きなようにしていくうちに、気づけば「車検に通らないほど改造していた」ということがよくあります。

車検の時だけノーマルな状態に戻しても、合格する意味がありません。カスタマイズをする場合は、バイクの車検にきちんと通るように最初から考えた上で行うようにしましょう。そうすれば、車検の度にいちいち戻す必要もなくなります。

ちなみにカスタムバイクを車検に対応させるためには、構造変更申請などの手続きが必要になります。とは言えエンジンの中やブレーキをいじっていなければ車検用記載事項変更のみで車検の対象になりますので、それほど大変ではありません。

この構造変更申請は、カスタムパーツをどのように取り付けたか、指定されたパーツを使用しているか、範囲内でカスタマイズしたかという条件で決まります。

カスタムバイクの車検は、安全基準を守った上でならちゃんと通ります。通らないバイクは、それだけ危険もともなっているということ。自分の命を守るためにも、カスタマイズはほどほどに。